月の定例護摩修法の
ご案内

17日 日曜日
午前10時〜(予約制)
毎月第三日曜日 予定

外部サイト
《お坊さん関連のリンク》

法事法要僧侶手配サービス




人生相談仏事など





本尊と縁起

真言宗 大弥山 純聖寺は主官 北本 聖明が開基の寺院である。
平成二十五年 宗教法人 姫路
成田山布教所として開山致しました。
姫路成田山は昭和三十年頃に不動信仰で高名な千葉県の大本山成田山新勝寺の明勝講が発足、
成田不動尊詣でが始まり現代に至る。また、歴代住職には高名な寺院より来務されたという
経歴も残っている格式のある寺院である。
主官 北本 聖明は、姫路成田山前住職からの門弟であり聖行派として寺院に貢献。

  姫路成田山

十年以上の正規な修行を積み、姫路成田山の聖行派として布教道を歩むため道場を建立。
真言宗 大弥山 純聖寺と名付けた。
寺は現代寺である。一見した外観は普通の一軒家であるが中に入ると世界が変わる。
伝統とは心である。古い伝統的な寺院であっても心がなければ有難さは湧かない。
それが主官の考えである。また、布教する僧侶が少ない世界に
弟子や布教僧の模範となるような寺院を
担えることが真言宗 大弥山 純聖寺の使命と考えている。


     本堂の風景             本尊十一面観音菩薩
  
本尊は十一面観音菩薩。
本尊は弘法大師ゆかりの地である広島の弥山(みせん)が
そびえる安芸の宮島から奉戴。
弥山には約1200年前大師が修行で起こした火が
今も尚、燃え続け「消えずの火」と親しまれている。
そのような由緒正しき場所から奉戴したご本尊に手を合わせますと
灯火に照らされ迷走から抜けるかのようにお智慧をいただけるご利益があることから
「ひらめき観音」として参詣者に光明の光を与えて下さっています。


ご利益
災難消除・厄除開運・身体健全・離諸疾病・財運招福・智慧増上・受験合格
どうぞ、十一面観音様にも会いにいらして下さい。皆様のご参詣をお待ちしています。
       
本堂は約25名ほど、お座りいただけます